佐倉楽友協会

会員募集

佐倉楽友協会は、新規会員を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。

会員プロフィール

ピアノ

荒井 萌
上野学園大学音楽学部ピアノ専攻、同大学音楽専攻科修了。
平成19年度に東京文化会館小ホールにてリサイタルプログラムを演奏。
これまでにピアノを久保春代、横山幸雄、佐々木祐子、根津栄子各氏に師事。
平成25年夏、仏ナンシー国際音楽アカデミーに参加、修了コンサートに出演。
ANP第14回ル ブリアン フランス音楽コンクール入選。入賞者演奏会出演。
佐倉フラウエンコール(合唱団)ピアノ伴奏者。
PTNA指導者会員。ピティナ指導者ライセンス初級者指導過程合格。
「めぐみピアノ教室」主宰。


安藤 華奈子
3歳より母の手ほどきを受けピアノを始める。2012年桐朋学園芸術短期大学音楽
専攻ピアノ科を卒業後、2016年桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
今までに、安藤優子、荻野千里、新井博江各氏に師事。
2008年ウィーン国立音楽大学ワルター・フライシュマン氏に師事、マスタークラス修了。
2013年イタリアにてタディーニ音楽院ヴィンツェンツォ・ヴァルツァーニ氏のもとマスター
クラス修了し、記念コンサートに出演する。現在、ソロ、伴奏等活動している。
リトミック指導認定講師資格取得。PTNA指導者会員。
「あんどうピアノ教室・リトミック教室」主宰。


安藤 優子
桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
チェコプラハ音楽セミナー及びウィーン国立音楽大学夏期講習会にてマスタークラス修了。
第9回「東京ピアノコンクール」一般B部門第3位。
現在、ソロ、伴奏、室内楽と活動し、ジョイントコンサート多数出演。2014年にはチェコを代表する国際的カルテット、ウィハン弦楽四重奏団の来日公演にてピアノ五重奏を共演する。
桐朋学園大学付属「子供の為の音楽教室・市川教室」、ピアノ・ソルフェージュ講師。
日本クラシック音楽コンクール予選本選審査員。日本ピアノ教育連盟会員。国際芸術連盟専門家会員。
「あんどうピアノ教室・リトミック教室」講師。


井上 泰斗
日本大学芸術学部ピアノ科卒業。
音楽科教員免許取得。
在学中定期演奏会、卒業終了演奏会等出演。
読売新人演奏会出演。
かながわ音楽コンクール入選。
パリ・エコール・ノルマル音楽院演奏課程終了。
パリにてソロリサイタルを多数行う。
市川ピアノ調律技術研究所終了、調律師。
芦塚音楽研究所ピアノ科講師を経て現在富里市にて
「アトリエ・ソノリテ音楽教室」を主宰
ソロ活動、ピアノ指導の他、器楽、声楽の伴奏活動多数。


大熊 カオル
東京学芸大学特別教科音楽科ピアノ専攻卒業。
千葉県高等学校教諭を経て、渡米。
NY日本人学校、コロンビア大学コミュニティカレッジにて指導の傍ら、
ジュリアード音楽院にてピアノ演奏法、コロンビア大学院にてピアノ教授法を学び、
同大学院修了。ルーテル市ヶ谷、北とぴあ、トリフォニーホール、佐倉市民音楽ホール
等でジョイントリサイタルを行う。
現在、コロンビア大学名誉教授ペース博士によるペースメソッドを応用しながら、
指導にあたる。全日本ピアノ指導者協会正会員。


加計 綾子
国立音楽大学音楽学部幼児教育専攻卒業。
八街市でピアノ指導にあたりながら演奏活動を行う。
2010年度、及川音楽事務所ガラコンサート、サロンコンサート出演。
日本ピアノ研究会、東関東Bピアノ指導者部門にて最優秀賞、茨城県教育長賞受賞。
国立音楽大学附属高等学校にてアフタヌーンコンサート出演。
2011年度と2015年度両年共に、日本ピアノ研究会東関東Aピアノオーディション
専門部門にてグランプリ、千葉県知事賞を受賞。翌年受賞コンサートの招待演奏者とし
て招待を受ける。グランプリ千葉県知事賞受賞。
同研究会より優秀ピアノ指導者として認定。


川崎 令子
東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中より二台ピアノで様々なコンクールに出場し、
後進の指導や声楽、器楽の伴奏を行う。現在は佐倉楽友協会会員として、地元の
美術館や病院で演奏活動を行っている。
これまでに石井克典、笠原順子、三浦捷子各氏に師事。


久保 節子
東京藝術大学卒業。
1975、1979年東京文化会館において、
1986、1996、2007年佐倉市民音楽ホールにてリサイタルを行う。
2009年にはミニ・リサイタル「私のショパン お話と音楽」を開き、好評を得る。
2014年、佐倉市より教育文化功労表彰を受ける。
2017年5月、佐倉で4回目となるリサイタルを行う。
現在ピアノ教室「玲伶会」を主宰し、毎年発表会を行っている。
このほか、敬愛短期大学にて講師を務めるなど指導にあたりながら、自身の演奏活動も積極的に行っている。
公式HP久保節子


小泉 和史
東京大学法学部卒業。
ピアノを梅谷進、椎野伸一の各氏に指導を受ける。
公務員として勤務する傍ら、毎年リサイタルプログラムによる発表を定期的に行っている。


水藤 晶
佐倉市在住。
東京藝術大学音楽学部付属高校を経て、同大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業後、 ジュネーヴ音楽院修士課程修了。
これまでに1999年第28回フランス音楽コンクールフランス総領事賞、2004年第2回テレサ・リャックーナピアノコンクール第1位、2006年第9回モンロン・レ・バン国際音楽コンクール第1位等国内外の数々のコンクールで入賞、好評を博す。
現在はソロ・室内楽・伴奏等、全国各地で幅広い活動を行うと共に、CD「The Rose〜薔薇の名になった名曲たち〜」をリリースするなど「バラのピアニスト」としても活躍中。
また主宰する音楽教室にて、後進の指導にも積極的にあたっている。


園 修一
国立音楽大学音楽学部器楽学科(ピアノ)卒業。
在学中は主にクラシックピアノを学び、ソロのみならず、伴奏・アンサンブルにも力を注ぎ、声楽、管弦楽器、合唱などの演奏会に数多く出演。
卒業後はF.リストを中心にロマン派の作品のほか、J-POPSやHealing Musicに取り組み、婚礼、葬儀、各種イベントでの演奏に積極的に参加。
現在は各地のセミナーにも多く参加し研鑽を積むほか、2015年より野谷 恵氏に師事し、 体に負担の少ない楽な弾き方・音楽表現法を学ぶ。
これまでにピアノを丸山敦子、高尾茂治、田代幸弘、星野明子の各氏に師事。


高尾 愛子
千葉大学音楽科卒業。同大学大学院修了。
ピアノを川口耕平、宇川眞美各氏に師事。
幕張総合高校音楽科で十年間ピアノ講師を務める。
現在、数多くの合唱団のピアニスト、声楽・器楽の伴奏、後進の指導を行っている。


田代 陽子
東京藝術大学ピアノ科卒業。
第56回全日本音楽コンクール 九州大会高校の部 第1位。
第14回ちば音楽コンクール 大学・一般の部 第2位。
佐藤俊氏に師事。
現在は、ヴァイオリン、声楽の伴奏をこなす傍ら、後進の指導にもあたっている。


野村 朋子
相愛高校音楽科を経て、相愛大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
ウイーン国立大学夏期講習受講。デュプロマを受ける。
関西にてアンサンブル、声楽、コンクール伴奏などで活躍。
向井滋子、島崎清の各氏に師事。ピティナ指導者会員。
現在は自宅でピアノ教室を主宰し、毎年発表会を行っている。


花本 和歌子
武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
ヤマハ音楽教室での指導を経て、現在は自宅で花本音楽教室
花本音楽教室を主宰。


股木 裕美子
相愛大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学研究科修了。
関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。
第13回日本演奏家コンクール、ピアノ部門一般の部、第1位。同時にヤマハ賞受賞。
第8回横浜国際音楽コンクール、ピアノ部門一般Bの部 第1位。
第6回東京ピアノコンクール、一般Bの部第1位。
日本イタリア協会 第6回コンコルソMusicArte Stella部門 グランプレミオ-優秀大賞-受賞。
第5回日本バッハコンクール一般B部門金賞。
第19回ショパン国際ピアノコンクール・in ASIA、ショパニストS部門に於いて、全国大会・金賞、
アジア大会金賞、同時にソリスト賞受賞。
現在、敬愛短期大学非常勤講師。


声楽

安斎 孝子
国立音楽大学 音楽学部 声楽科卒。
声楽を伊藤京子、移川澄也、相馬奈苗 各氏に師事。
東京都内、千葉県内でソロ活動を行う。現在、船橋市において 声楽指導、合唱指導 及び ピアノ教室、リトミック教室を主催。
岸信介氏による 国立音大OB合唱団「しらべ」所属。
リトミック研究センター指導認定講師、ディプロマA取得。


井上 美紗子
朝日放送(現テレビ朝日)ABC子供コーラスに6年余り所属。
大阪音楽大学 音楽学部声楽科卒業。
在学中、大学オペラ「魔笛」(朝比奈隆氏指揮)に“夜の女王”役にて出演。
NHK巣立つ新人演奏会 に出演。
リサイタル、ジョイントコンサート、八ヶ岳高原音楽堂などのコンサートに出演。 
ズィットナー教授(ウィーン国立音楽大学)、ヘムルート・ドイチェ、ワルター・ムーア教授(ウィーン
アカデミー)、ロレーヌ・ヌバー教授(ジュリアード音楽院)各氏に指導を受ける。


岩崎 紀子
東京音楽大学声楽科卒業。
津田沼混声合唱団定期演奏会等において、メサイア(ヘンデル作曲)、ミサ・ソレムニス(ベートーヴェン)、レクイエム(モーツァルト)、美しきエレン(ブルッフ)、グロリア・ミサ(ヴィヴァルディ)、戴冠ミサ(モーツァルト)等、多数のソロを務める。
また、第46回千葉市管弦楽団定期演奏会(田久保裕一 指揮)において歌劇「トリスタンとイゾルデ」(ワーグナー)の「愛の死」を独唱し、好評を博す。
マンドリンクラブ・エレガンスの定期演奏会等にも客演。NPO「合唱会館」主催ソロコンサート出演。現在は南米パラグアイのハープ『アルパ』の演奏にも取り組んでいる。
佐倉市立南部中学校教諭。


小川 智子
武蔵野音楽大学卒。声楽を岡村喬生、オペラをアルベルト・レオーネ、ドイツ歌曲を
リタ・シュトライヒ、発声を平田夫妻、各氏に、ピアノを井上和子、久保節子の両氏に師事。
イタリア声楽コンコルソ入選。波の会日本歌曲コンクール入選、日本演奏連盟オーディション合格。
三木稔氏主宰ミュージカルオペラ「うたよみ猿」(芸術祭賞受賞)「お初」役で全国を巡演。
日本オペラ振興会研修オペラ「つり女」で主役を演じ好評を得る。
日本演奏連盟会員。


橋 千穂
早稲田大学第一文学部卒業。在学中は学内外のミュージカルに出演。

IT関連の会社員を経て、桐朋学園大学短期大学部卒業。同専攻科修了。 声楽を岡村由美子、松井康司、井上由紀、E. B.ヒレマン、斉田正子の各氏に師事。 言語聴覚士の資格を取得し、現在、医療機関にて音声治療に携わっている。

西  祐子
千葉大学教育学部音楽科卒業。同大学院修了。
ピアノを勝谷寿子氏、古川五巳氏、川口耕平氏 、声楽を山本敬氏、秋山衛氏、瀬山詠子氏に師事。
現在は日本の現代歌曲を中心とした演奏活動を行っている。
佐倉中央公民館近において「かぶらぎの森の音楽教室」主宰
ピアノ、歌唱、音楽一般の指導を行っている。


菱木 久実乃
昭和音楽大学卒業、同専攻科声楽専攻修了
二期会オペラ研修所第55期マスタークラス修了
これまでに、オペラでは、プッチーニ「修道女アンジェリカ」、シュトラウス2世「こうもり」、モーツァルト「フィガロの結婚」などに出演したほか、演奏会多数出演。
長江杯国際音楽コンクール声楽の部 第2位。 アジア国際音楽コンクール 優秀賞。
千葉県を中心に演奏活動、コーラス団体の指導を行うほか、2012年からは慰問演奏にも力を入れている。故・平田栄寿、大塚京子の各氏に師事。
二期会準会員 ピアノと歌の為の音楽教室『ピアノと歌の音楽教室』 主催。


松岡 美里
昭和音楽大学声楽科卒業。同専攻科修了。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。
「リゴレット」ジルダ役で出演。捻金正雄、五十嵐喜芳、井田安子各氏に師事。


丸山 ゆり
国立音楽大学音楽教育学部学校教育専攻卒業。
現在、佐倉市立佐倉東中学校教諭。
声楽を清水義雄、渡辺恒子、錦織まりあ、村上絢子の各氏に師事。
2000年から現在まで村上絢子門下生による発表会「絢芽会」に出演。
国立音楽大学にて、コレペティートルによるオペラ講座、音楽療法講座を 受講。


弦楽器



管楽器・金管楽器

【フルート】

門野 剛士
1978年富山市新湊町(現在:射水市)生まれ。フルートを高校の吹奏楽部から始める。
金沢大学工学部へ入学するも、フルート職人に憧れ退学する。
上京してフルート演奏及び修理を学び、その後パール楽器製造(株)へ就職。
現在はフルートの頭部管製造及び開発に携わっている。
これまでに、藤井ひろみ、北川森央、糸井正博の各氏に師事。

【クラリネット】
徳山 里恵
13歳よりクラリネットを始め、小俣静香、のちに三界秀実の各氏に師事。 国立音楽大学在学中にクラリネットを武田忠善、室内楽を宮本明恭、生島繁
中学、高校などの指導を経て、現在は会社員として勤務する傍ら、定期的に演奏活動を行っている。

【トランペット】
石渡 美香
武蔵野音楽大学卒業。
トランペットを吉沢賢太郎、久保義一の各氏に師事。
ママさんオーケストラ・クレイドル 団員。


打楽器






 

▲pagetop

inserted by FC2 system